Omoidegraphy

写真ブログです。ストリートスナップ、バンドのライブ撮影をしています。

人の存在の、すぐとなりの風景が好きです。

フォローはこちらから

この記事を他の人にもシェアしてね

f:id:nukoblog:20180514212635j:plain

昔から、人目のあるところで自分を出すのがニガテでした。

撮りたいときに撮る

先週の休日では、お昼にお散歩していました。もちろんカメラを持っています。

歩いていると、バス停のベンチに目が止まりました。上から木漏れ日の光が注いでいて、地面に映ったシルエットが美しかったのです。

誰も座っていなかったので、撮れないはずはないのですが...。周りに何人かいたため、人目を気にして撮れませんでした。素通りです。

しかしながら、10メートルほど歩いたのち、やっぱり撮りたいと思って再び戻ってきました。

 

さぁ、ここで撮影して満足すればハッピーだったのですけれども。戻ったときにはもう撮る気は失せていて、けっきょく一度もシャッターを押さずにその場をあとにしました。

コンテストに出す写真を撮っているとか、被写体のテーマが決まっているわけでもないのです。ただひたすら、撮りたいものを撮って楽しむだけ。そのためには、「撮りたい!」と思ったときにシャッターを押さないとダメですね。

 

その後もカメラ片手に散歩したのですが、この日は撮りたい気持ちが下降気味で。なんというか「撮ろうとして頑張ってる感」が否めない1日でした。唯一よく撮影したのは、下のバラ(?)だけです。しかもスマホっていう。

帰宅したあとは大きな疲労感に包まれ、何もする気が起こりませんでした。

f:id:nukoblog:20180514212725j:plain

iPhoneⅩより撮影

人の存在の、すぐ近く

人がいるところでは撮るのが恥ずかしくなるなんて、なんだか笑えます。これでも「趣味はカメラです」と言ってしまうのですが。

昔から人目を気にするタイプです。ヘンかもしれませんが、だからこそカメラが趣味になっています。

「人目を気にする」というのはどういうことなのでしょう。

具体的に考えてみると、「自分を素直に出せない(表現できない)こと」だと思います。病的なレベルではない場合は、同じような人はこうした理由がほとんどなのではないでしょうか。

 

f:id:nukoblog:20180514213818j:plain

 

カメラを持っていれば、いつもは感情を表に出せない場所で、思う存分楽しむことができるのです。人のいる場所でも自分の感情を出せるということ。それは、心惹かれる瞬間や存在に、思うがまま没頭できるということでもあります。そして、それらはたいてい人の営みの中で発見されます。

たとえば、親子が遊んでいる光景。道端でひっそり咲いているタンポポや、早足で歩くサラリーマンの上空を、優雅に飛び去っていく鳥たち。これらはほとんどは、家の外にしかありません。

人の存在を感じられる場所の、すぐとなりの風景がとても好きです。

 

f:id:nukoblog:20180514212519j:plain

 

f:id:nukoblog:20180514213907j:plain

さいごに

外の世界はまさしく人のいる場所です。人混みもまたニガテなので、そこで負けてしまうことが多々あります。先週の土曜日がまさにそうでした。

ムリをすると、確実に反動をうけます。土曜日は、散歩から帰ってきたのが17時ごろで、気分が戻ってきたのが21時です。それまではずっと、抜け殻のようにボーっとしてました。

思うようにいきませんね。自分の好きな場所が、苦手とするものに囲まれているだなんて。

それでも、せっかく出会えた趣味です。自分なりの楽しみ方で、今後も続けていこうと思っています。

・Camera:iPhonⅩ/X-Pro2
・Lens:Super-Takumar 55mmF1.8


omoidegraphy.hatenablog.com