Omoidegraphy

写真ブログです。ストリートスナップ、バンドのライブ撮影をしています。

印象に残る写真

フォローはこちらから

この記事を他の人にもシェアしてね

f:id:nukoblog:20180613211410j:plain

好きだなって思っても、言葉で説明できる場合とそうでないときとがある。

写真だと、特にそういうことが多いのは自分だけ?



f:id:nukoblog:20180612215645j:plain

f:id:nukoblog:20180613213141j:plain

f:id:nukoblog:20180613211410j:plain

f:id:nukoblog:20180613212041j:plain

f:id:nukoblog:20180612223320j:plain



何がいいのか、うまく説明できない。

「なぜ好きなのか」「どうしていいと思ったのか」。これらを説明できるときは、たとえば構図だったり、ホワイトバランスや露出に注目していることが多い。

上で見せた写真はどれも、それらでは説明できない。そんな気がする。説明できるのならば、かえって嬉しいくらいだ。

撮っているとき楽しかった写真でも、振り返ってみるとたいして良いとは思えなかったりする。反対のパターンもあるから、写真は不思議だね。

載せた写真はすべて、先日の築地フォトウォークで撮ったもの。印象に残っていたのはこれらの、うまく説明できない写真ばかりなのでした。

ではでは。

・Camera:X-Pro2
・Lens①:XF35mmF2R WR
・Lens②:XF35mmF1.4 R


 

omoidegraphy.hatenablog.com