Omoidegraphy

写真ブログです。ストリートスナップ、バンドのライブ撮影をしています。

【夜スナ!】雨の日の東京〜銀座をフォトウォーク

フォローはこちらから

この記事を他の人にもシェアしてね

f:id:nukoblog:20181025220653j:plain

先日、FUJIFILM主催の撮影会『夜スナ』に参加しました。

講師は塙 真一 (@S_HANAWA)さん。Twitterでもよくお世話になっています。

これを書いている翌日に、撮った写真の講評会があるので、ここでは「いいんだけど講評会には持っていけない」と思った写真をピックアップしました。

夜スナ!

撮影ももちろん、あとの飲み会もいろいろ話せていい時間でした(^^)

東京駅周辺

f:id:nukoblog:20181025215113j:plain


このモノクロの写真は、撮影会が始まって最初に撮った写真です。フィルムシミュレーションは『ACROS』を。

撮影会は東京・丸の内スタートです。この日の天気は雨でした。

f:id:nukoblog:20181025215635j:plain

f:id:nukoblog:20181025215816j:plain

f:id:nukoblog:20181025215737j:plain


シルエット、水滴、そして反射。雨の日スナップの醍醐味です。

f:id:nukoblog:20181025220007j:plain

f:id:nukoblog:20181025220020j:plain


東京丸の内から歩き、有楽町を通って銀座へ向かいます。その途中の2枚。

高級なイメージがある場所ですが、有楽町周辺は庶民的です。

銀座周辺

f:id:nukoblog:20181025220221j:plain

f:id:nukoblog:20181025220232j:plain


ピントが合っていなかったり、シャッタースピードが遅くて流れた写真もあって。でもこれが面白かったりします。

普通なら失敗だと思って雑に扱ってしまいがちです。けれど、これはこれで面白みがあるし、不思議な味わいがあると思うのですよ。予期せぬ失敗からしか味わえない、そういう種類のたのしみもありますし。

そもそも、写真には正解なんてないって思ってます。

f:id:nukoblog:20181025220642j:plain

f:id:nukoblog:20181025220653j:plain

f:id:nukoblog:20181025220700j:plain


人を流し撮り。

普段、シャッタースピードは1/125にしていることがほとんどです。手ブレしたくない&被写体をちゃんと止めたいから。

ところが、この日は「わざとブラす」という新鮮な手法を取り入れました。撮影の引き出しが増えたのは、講師やみなさんのおかげです。

 

さいごはこの写真。講評会に持っていくかギリギリまで迷った末、取りやめになりました。

「左・中央・右」のバランスを意識しました。

f:id:nukoblog:20181025220043j:plain


左には車、右には人物。右にいる人が一番手前にいます。それにより、大きさの異なるものが前後にうまく入ってくれたおかげで、中央の男性を挟むバランスに調和が生まれました。

モノクロで撮ることで、写真の中で大きな情報を持つ「色味」を削りました。物体同士のバランスを強め、視線がしっかり中央に向かうように考えました。

さいごに

明日は講評会です。A4サイズにプリントし、写真を7枚持っていく予定です。

恥ずかしながら、これまで写真をプリントしたことがありませんでした。したいと感じる機会もなかったので。(^^;)

今回はじめてお店でプリントしてもらったのですが、正直感動しています。


講評会が終わったら、そのとき見せた写真やいただいたアドバイス等もブログにする予定です。

明日が楽しみ。ではまた。

<撮影データ>

・X-Pro2/XF35mmF2
・フィルムシミュレーションは『ACROS』『PRO Neg.Hi』のみ
・1枚目のモノクロ写真のみ傾き補正、他すべて撮って出し

 

omoidegraphy.hatenablog.com