Omoidegraphy

写真ブログです。ストリートスナップ、バンドのライブ撮影をしています。

いろんな人のスナップ写真/第2の居場所

フォローはこちらから

この記事を他の人にもシェアしてね

f:id:nukoblog:20181028215056j:plain

①X-Pro2/XF35mmF2

 

f:id:nukoblog:20181028215041j:plain

②X-Pro2/XF23mmF1.4

 

f:id:nukoblog:20181028215049j:plain

③X-Pro2/XF35mmF2

 

f:id:nukoblog:20181028215037j:plain

④X-Pro2/XF50mmF2

 

f:id:nukoblog:20181028215111j:plain

⑤X-Pro2/XF35mmF2

 

最近はモノクロでよく撮っています。

これまで50mm相当の画角を好んできましたが、少し切り取りすぎなのかもしれないと、先日の講評会で思いました。

まだその講評会の話は記事にしていないのですが、やっぱり他の人に見てもらうって大事ですね。基本的には写真なんて人それぞれなので、正解も不正解もありません。しかし、「これをこうしたらどうだい?」というアドバイスは、撮影者にとっては新鮮な意見であることが多いです。

他の人に写真を見てもらい、かつ意見をもらうには「実際に見せる」のが一番効果的でしょう。


「実際に見せる」というのは、すなわちプリントすることです。

ここでこのように写真をアップしたって、ほとんどの人は「これはこうしたほうがいい」「これのここが好きだ」なんて言ってくれません。好きだ、と言われることはごく稀にありますが、改善点を提案してくれる人は今まで一人もいませんでした。わたしも他人の写真に対して、こうしたほうがいい、なんて一度も言ったことはありません。言いにくいですよね、そんなこと。

 

でもわたしは、もっと「良い写真」を撮りたいと思うようになりました。

良い写真とはなにか、という大きな疑問はあります。ですが、「こうしたらもっと良くなるのではないか」という小さな問に置き換えると、すんなり納得するのではないでしょうか。

直接人と会って、講評してもらう。好みではないアドバイスならスルーでいいし、新鮮な意見なら自分の写真に活かしたらいい。

また、そのような場は「第2の居場所」として機能すると思います。会社と自宅の往復だけの毎日なんて、とてもツライですからね...。そうした意味でも、直接人と会うことで写真をより良くしていき、日々の充実感が上がればいいなと思っています。

 

omoidegraphy.hatenablog.com